リーダーシップ開発ツアーのご提案

御社の次世代を担うグローバルリーダーの育成を

新興国カンボジアの地で行うツアー型研修プログラム

SALASUSUリーダーシップ開発ツアーのご提案

次世代のグローバルリーダー育成ツアープログラム

国内市場が停滞し、不確実性が高まり、SDGs・社会起点での事業が必要となる中で、企業の中に次世代を担うグローバルリーダーを育てる仕組みが求められています。

そして目指すべきグローバルリーダー像は、言語能力や単なる海外経験・知識に長けることではありません。急速に発展する新興国で企業の使命を伝え、文化の異なる人からも「この人と共に働きたい、ついていきたい」と思われる魅力のあるリーダーこそが必要です。

リーダーシップ開発ツアーはグローバルリーダーがもつべき3つの力を養っていくことを目的とし、未来のリーダーたちにその種を植えるツアープログラムとなっています。

1人で海外の顧客を開拓し、チームを作りあげるために、相手の文化を理解し、自社の理念を伝える力

そのための

  • 異文化コミュニケーション

  • 傾聴・ファシリテーション

  • 自社のビジョンを伝える力

01

異文化統率力

予期せぬトラブルにひるまず、社内外のリソースを活用しながら既成概念を越え問題を解決する力

 

そのための

  • 問題解決力と胆力

  • イノベーションへの理解

  • ネットワーク構築力

02

​突破力

自分の目指すリーダー像を問い直し、さらに個人のビジョンを内省を通じて模索する力

 

そのための

  • 内省と対話をする力

  • セルフケアの習慣

  • 企業の中で個人ビジョンを実現する力

03

​信念と志

プログラムの流れ

Program flow

今まさに急激に成長するカンボジアという地を借り、長年の経験のあるSALASUSUだからこそ多様な参加者、テーマにあわせたツアーをご提案することが可能です。

事前学習

​期間の目安:4回 (2ヶ月)

共通言語の獲得

  • 新規ビジネス立上げ

  • 社会課題の構造化

  • 異文化コミュニケーション

    についての基礎

志を見出す

  • 活躍するグローバルリーダーに触れる

  • 自分の原点を確認する

学習のテーマ:

ツアープログラム

​期間の目安:1 - 2週間

社会課題に挑む事業創出

  • 多様なステークホルダーとの対話し関係構築

  • 社会課題に切り込み、事業をゼロベースで構想する力

 

志を養う

  • 非日常の中で自分自身との対話により志を言語化

  • リーダーや仲間との対話を繰り返し自分らしいリーダーシップを言語化

学習のテーマ

事後学習

期間の目安:2回 (1ヶ月)

事業との接続

  • 事業案を社内外で提案し、実現を模索する

  • 日々の仕事の中へ学びを落とし込み

志をともし続ける

  • 旅の仲間、リーダーたちと共に学びを続け志を忘れない仕組みを作る

学習のテーマ

​ツアー実施地とファシリテーター

Why Cambodia ? Why with SALASUSU ?

今まさに急激に成長するカンボジアという地を借り、長年の経験のあるSALASUSUだからこそ多様な参加者、テーマにあわせたツアーをご提案することが可能です。

カンボジアならではの強み

Why Cambodia ?

俯瞰しやすい

小規模な新興国

  • 急激な経済発展と、虐殺の歴史からの復興

  • 規制が少なく先端技術とビジネスモデルのショーケースになっている

  • 適切なサイズの社会課題が多く政府高官にも会いやすい

親日国家

  • 歴史的に親日国家で、日本人リーダーも多様に活躍

  • 日本からも近くビザ取得、登記も容易

非日常が

リーダーシップ醸成に最適

  • マーケット規模が小さく多くの企業にとってステークホルダーが少ない

  • 志を養うのに最も大切な「非日常」が作りやすいリトリート環境

SALASUSUならではの強み

Why with SALASUSU ?

豊富なネットワーク

カンボジアで19年かけて展開して
きた広いネットワークがあり、テーマに応じて政府高官、起業家、様々な社会問題の当事者とのアポイントを調整できます。

ファシリテーション力

様々な国籍、バックグラウンドの方々への人材育成・コーチング・
ファシリテーションに
取り組んできた実績があります。

社会起業家

社会問題の解決のため、これまで、ものづくり、小売、IT、研修など複数の事業を創業・事業化、

現在は100人以上の組織を率いています

ツアー実績

Tour Achievement

​事例紹介

 GIAリーダー・プログラム 2019

社会問題の解決を事業で行う

イノベーション事業プラン立案

グローバル研修企業であるピープルフォーカス・コンサルティング株式会社と共同で体験型のグローバル・リーダー育成プログラムを実施

首都プノンペンでの政府・企業・大学生との対話や、SALASUSU工房近くの農村でのホームステイ、内省・オーセンティックリーダーシップを重点的にしたワークショップを行った。

主催:People Focus Consulting

参加者:NEC,ASICS,村田機械 3社8名様

期間:13泊14日

​参加費:80万円+実費(1名様あたり)

実績紹介

講師陣プロフィール

Our Facilitators

青木 健太

Founder / CEO 

東京大学在学中の19歳のときに、2人の仲間とともにカンボジアの児童買春問題に取り組むNGO「かものはしプロジェクト」を創業(2002年)。 2008年、カンボジアに渡る。貧困家庭出身の女性たちを雇用し、ハンディクラフト雑貨を生産・販売するコミュニティファクトリー事業を統括。 2018年、新法人SALASUSUとして、現地で活動をつづける。現在は、工房の女性たちに行っていたライフスキルトレーニングに新たな可能性を見出し、トレーニング事業に力を入れている。

カンボジア在住歴11年

須藤 菜々子

人材組織開発部門マネージャー

東京大学大学院卒、すべての人が自分の人生の旅を楽しめる場所を作る事を目指し、かものはしプロジェクトでインターンを行う。その後、SALASUSUに参画。現在は、シニアマネージャーとしてスクール部門を中心に組織全体のマネージャー育成・組織開発を行っている。実用的で革新的なライフスキルトレーニングの活用を目指し、トレーニングサービスのデザインを担当する。

カンボジア在住歴6年年

Demorng Vorng

Training Service Department Manager 

Panna satra University of Cambodiaで国際開発を学び、数々の海外経験を積む。プロジェクトマネジメント、モニタリング、評価方法などのトレーニングを得意とし、カンボジア労働組合のトレーニングコーディネーター、NGOのプロジェクトマネジャーを経てSALASUSUに参画。Leadership及びマネージャー研修の販売とトレーニングを担当する。

リーダーとして働いていく覚悟が決まった

長らく自身のリーダー像に悩んでいましたが、

このプログラムに参加した2週間は、良い意味で一度自分の

役割や抱えている苦しさを捨て、シンプルに物事を考える

とても良い機会でした。カンボジアの様々な分野で働く

リーダーとの議論、仲間との対話を通じて、

自分の活かし方や、無理なく自分らしくいられるリーダー像が分かり、改めてリーダーとして働いていく覚悟が決まったように感じています。

— 大手電気メーカー勤務 40代男性

参加者の声

Voice

​お問合せ